【今さら人に聞けない!】葬式の基本的な流れ

【今さら人に聞けない!】葬式の基本的な流れ

お葬式

流れをきちんと把握しておくことが重要!

葬儀の流れは知っておくと良いと言われています。例えば、自分で葬儀の流れや葬儀社を決める時に、一連の流れを知っておかないと葬儀のコストを削減することも難しくなります。なので葬儀の流れを知っておく必要があるのです。

線香

基本的な流れ!

宗教によっては葬儀の流れは異なります。その中でも一般的な流れを説明しましょう。葬儀の一般的な流れは、「納棺」「通夜」「葬儀」「火葬」「遺骨安置」の5つの項目があります。「納棺」は遺体の運搬をして葬儀に関することを決めます。そして「お通夜」の後に「葬儀」を行います。葬儀後に出棺され、火葬場に行き「火葬」を行ないます。最後に「遺骨安置」をするために遺影と骨壷を遺族が持ち帰り、祭壇に飾ります。それが一連の流れとなります。人によってはそのお通夜や葬儀を無くして、直接火葬場に行く「直葬」というものもありますよ。

棺

悩んだら葬儀社に連絡!

葬式は毎年行うような行事ではありません。なのでわからないことは必ず専門業者に問合せして、解決しましょう。葬儀の相談などを行なっている業者は生駒や高津区にも多くありますよ。

一般葬と密葬の違い

一般葬

・たくさんの方が参列する
・盛大に行う

密葬

・一部の方のみの参列
・コストを抑えることが可能